育成回顧録(2016年:葉の展示)

  • 2017.07.10 Monday

おはようございますカエル

今日も昨日と同じく、曇るようです。

蒸し暑いのですが、体は多少ラクになるかもしれませんね。

 

本日は育成回顧録です。

2016年6月上旬、ショクダイオオコンニャクの株を展示することにしました。

せっかくの機会なので、巨大な葉はっぱをご覧いただきたかったからです。

しかし大きいイモの株は葉が大きくなりすぎて、

育成場所の扉から出せないことが判明(株高390僉⇒嬋520僉…汗

小さいイモの株(株高270僉⇒嬋300僉砲

展示しようということになりましたわーい

 

展示(移動)準備として、

鉢を傾ける際に土がこぼれないよう、

また葉柄が折れないような支えを取りつけました。

土がこぼれないように、布や新聞紙を敷き詰めてテープで固定します。

 

支えを固定するための土台となる木を鉢に固定します。

 

葉柄の上の方に布などをあて、3本の角材で固定してネジで留めます。

 

これで大丈夫かどうか、相談していますビックリ

どうやらもう少し補強をするようです。

 

キラキラ展示株移動日(2016年6月7日)

人海戦術にて運搬移動しますビックリ

 

ここが最大難関の出入口くぐり…。この扉210僂靴ないんです

鉢を倒して、葉を傾けてゆっくり丁寧にそっと出します。

13人ほどの力を借りました!

 

折れずに上手く出せるのでしょうか…ガンバッテお願い!!

 

無事にフローラルプレイスに出すことができました。

 

おやビックリ

左上の小葉が折れてる!?いや、小葉柄がねじれてしまったようです。

傾けた時に重みがかかったのでしょうか?

 

夕方、脚立に乗って何とか葉のねじれを直して…手

夏休みの期間中、ショクダイオオコンニャクの葉の展示を行うことができました♪

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモが植えつけられた鉢を展示しております。

説明パネルなどはご覧いただけますが、ショクダイオオコンニャクは休眠中のため、

植物はご覧いただけません(7/10現在)。ご了承ください。

2017年7月1日…植えつけ練習イモ(小)の発芽!

  • 2017.07.05 Wednesday

こんばんはニコッ

 

昨日の台風は大したことなく過ぎ去り、

ホッとしておりますが、

記録的大雨の降った地域の被害などが心配です泣く

 

4日前の7月1日、

ショクダイオオコンニャクの芽が出ていると連絡がありましたビックリ

先月6月6日に植えつけ練習したイモが発芽はっぱしたのです。

 

2017年7月2日の様子はっぱ

アップなので大きく見えますが、3僂曚匹任后

 

芽の写真だけでは味気ないので…

2017年7月3日、カエルカエルの「コポタロウ」さんに協力していただきました。

このコポタロウは5僉1日で2僂らい伸びているのかな?

 

7月5日。今日もコポタロウカエルと撮影

おぉ〜!伸びてる!9.5僂砲覆辰討い泙靴拭

昨日は台風対策に追われ、見ていません。

コポタロウ…あっという間に抜かされてしまいましたね汗

 

なぜ、コンニャクにカエルなの??と思われるかもしれませんが、

実はショクダイオオコンニャクの葉の上でカエルが

よく昼寝をしていたからなんです寝る

こんな具合に〜カエル

3mほどの高さの場所でお昼寝。暑くないのかな?

 

カエルは可愛いですよね♪

コポタロウは、フローラルプレイスのショップでも販売していますし、

次回の展示にも登場するんですよ〜バイバイ

なのでコポタロウにもお手伝いしてもらいますわーい

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモが植えつけられた鉢を展示しております。

説明パネルなどはご覧いただけますが、ショクダイオオコンニャクは休眠中のため、

植物はご覧いただけません(7/5現在)。ご了承ください。

【よりみちコラム】コンニャクの葉っぱ

  • 2017.06.30 Friday

おはようございますバイバイ

やっと梅雨らしくなったと思ったら、

週末から猛暑になるそうですね。

人も植物も大丈夫でしょうか・・・。

 

本日は久々のよりみちコラム。

コンニャクの葉っぱ双葉についてのお話です。

 

コンニャクの葉っぱ…何枚あるかご存知でしょうか?

時に数枚出ることもありますが、

基本的には一枚の葉だけで頑張っていますキラキラ

何枚もの葉が集まったように見えるのは複葉(ふくよう)といいますが、

葉柄は1本なので一枚の葉なのです。

 

こちら食用コンニャク`はるなくろ'の葉っぱです。

高さ、葉幅とも90僂曚匹△蠅泙后あの例の花の株です。


こちらちょっとオシャレな色合いのコンニャク。

Amorphophallus parvulus という小型のコンニャクです。

葉の縁が赤ピンクで縁取られてカッコいいですね。

高さ、葉幅とも35僂曚鼻

 

そして・・・エクステンション

2016年6月6日のショクダイオオコンニャクエクステンション

葉は三出複葉なのですが、下から覗くビックリとよくわかります。

っていうか下からしか見れない・・・わーい

 

高さ4m、葉幅5mまで成長しました。デカっ=3

普通の方が見たら、ヤシと思ってしまいそうですよね。

コンニャクは1株に葉っぱ1枚です。

よく成長したなぁ〜♪

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモが植えつけられた鉢を展示しております。

説明パネルなどはご覧いただけますが、ショクダイオオコンニャクは休眠中のため、

植物はご覧いただけません(6/30現在)。ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM