【号外】筑波実験植物園のショクダイオオコンニャクが咲きそう!

  • 2020.01.11 Saturday

遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

昨年末でデンパークのコンニャクブログも休眠したのですが、

開花しそうな情報が入りましたので、号外です!

 

筑波実験植物園のショクダイオオコンニャクが、

12月中旬に目覚めて下旬に花芽と確認されました。

1/10現在は162僂箸覆蝓△い茲い萢莉桔くらいに咲きそうです!

筑波実験植物園のHPにショクダイオオコンニャクのブログがあるので、
チェックしてくださいね↓

http://www.tbg.kahaku.go.jp/news/konnyaku/

(筑波実験植物園ブログより)

また画像を縦向きにできない!すみません。

蕾ですね〜!すごいですね〜。羨ましい!

行きたいなぁ…筑波実験植物園…ショクダイオオコンニャクの花見たいなぁ。

 

今季は暖冬とは言えども、

熱帯植物のショクダイオオコンニャクが

この厳寒期に開花することは非常に珍しいことで、

きちんと開花するのか少し不安でしたが、

スクスクと大きくなる蕾の写真を見て安心しました。

咲きますよ!!

関東の方は開花したらぜひ、会いに行ってあげてくださいね。

花は2日ほどしか見れないので、HPでチェックしてくださいね。

 

※デンパークではなく、筑波実験植物園のショクダイオオコンニャクの話です!

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM