【よりみちコラム】ショクダイオオコンニャクの葉挿し2

  • 2019.12.10 Tuesday

こんにちは。

今日はポカポカ陽気で、すでに15℃を超えています。

12月10日…冬ですよねぇ。

でも今日は春みたい。

 

本日は前回の続き、

ショクダイオオコンニャクの葉挿し2です。

 

2017年10月19日に挿した葉の一部は、

徐々に色が褪せていきました。

これは大丈夫かな?と心配になり、

2018年2月1日に状態を確認することにしました。

バラしてみると・・・

わぁ〜♪小さな小さな子イモができています!

葉を挿してから(20℃で管理)3か月半ほどでイモができるのですねぇ。

葉の一部からイモができて根が出る・・・

なんとも不思議な光景です。

 

中央に挿した葉は地上部がすっかり枯れてしましたが、

土の中では子イモちゃんが〜☆

写真が縦向きにできなくてスミマセン。

 

撮影が終わったので、それぞれ鉢に植えつけました。

5本挿して5株になったので、活着率100%ですね♪

 

 

話は今日に戻りますが、

大イモ株の切った葉柄(泣き止まない)は、

5日ほど前から黄変してきました。

水も出なくなり、乾いてきました。

いよいよ休眠です。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM