【育成状況】大イモ株を温室へ入れるために…

  • 2019.11.10 Sunday

おはようございます。

朝晩の冷え込みが増してきましたね。

本日は育成状況です。

 

11月6日早朝、

デンパークの最低気温は5℃まで下がりました。

さすがにこのままショクダイオオコンニャクを

放置してもいいことはないので、

意を決してバックヤードの温室に移動することにしました。

 

バックヤードの温室は大温室とは比べものにならないほど

小さくて狭いので、あの巨大鉢は入らないものと思っていました。

10月末に頑張って生かすことに決めた時、

本当に入らないのかどうかを計測したところ、

葉を切ればギリギリ入るという目論みで移動決行となったのです。

 

上から見たところ。外で育成するとイキイキします。

 

葉柄の三つ又部分にロープをかけた後、葉の部分を切りました。

まだ水分を多く含んでいるので、

カッターナイフであっさりと切れてしまいました。

あ〜!!といっている間に、地上へ

今回の葉は屋外で育ったので葉が分厚く、

引き締まっていました。

本当に巨大な葉っぱです。

水分を多く含むので、重い重い!

まだまだ作業をするので、一旦移動します。

 

葉柄だけになった葉。

でも、まだこれでは温室に入らないので、

さらに切ります。

 

温室のドアの高さは190僉Hの高さは123僉

鉢土の上から70僂曚匹琉銘屬農擇蠅泙后

もちろん、カッターナイフで(笑)。

巨大なキュウリにしか見えない…。

重いですよ〜。

 

鉢を動かし始めたところ。緩やかな傾斜でくじけました。

色々な方にお手伝いいただき、育成温室まで移動〜

最低温度20℃の温室へ入室♪

入ったよ〜;つД`)よかった〜。

 

こんなに葉を切ってしまって大丈夫か?と普通は思いますよね。

でも、鉢の中のコンニャクイモが生きている限りは、

きちんと芽が出るはずです。

まずはコンニャクイモを低温で腐らせないことが重要✨

大温室が完成するまでの辛抱だよ〜ガンバレー!

 

気にしていた冬支度がやっとできました(^▽^)/

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM