【育成状況】2019年8月上旬

  • 2019.08.09 Friday

こんにちは。

 

初秋だというのにこの暑さ…。

残暑お見舞い申し上げます。

 

涼しげな写真がないので…、

やっぱりショクダイオオコンニャクです(;^_^A

立派な葉っぱになりました☆

屋外に出してあるので、

太く締まった凛々しい葉になった気がします。

真夏の強い日差しだって、ヘッチャラです♪

 

葉が開いてしまったので、高さは300僂曚匹箸覆蠅泙靴拭

株元まわりは90僂曚匹法太いねぇ。

ずんぐりしています。

 

下から見上げて撮影すると、葉の様子が物足りない気がしたので、

上から撮影してみましたヨ♪

おぉ〜(^▽^)/立派な葉っぱになってる〜☆

今が一番美しいと思います。

 

※現在、フローラルプレイスは休館中です。

 ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM