【育成状況】あれれ?どうしちゃった!?

  • 2019.02.10 Sunday

こんにちは。

暖冬は続いていますが、

暑い日と寒い日が繰り返されて、

身体がついていきませんね…。

 

本日は育成状況ですが、

タイトルのとおり、あれれ?なんです(-_-;)

 

2月10日(本日)

地上部47僉かなり大きくなりました。

よーく見ると、手前に芽が出ています!

 

2月7日、大きくなった芽の観察をしに行ったところ、

土部分から小さな芽が出ているのを見つけたのです💦

ほら…しかも2つも!!

どうやら2月6日ごろから出ていたようですが、

驚きました!2月上旬は暖かい日がありましたからね。

 

植えつけ前の芽の状態で、怪しい芽は確認していたのですが、

中心の芽は握りこぶしほどの大きさだったため、

小さな芽は萎んで大きな芽に吸収されるだろうと、

私は考えていたのです。

芽を欠くにしても、傷をつけて腐らせてしまう方が怖くて、

欠き取る決心はつかず、そのまま植えました。

 

脇芽はきちんと2つ生えてきてしまいましたね(-_-;)

しかし、これは…やっぱり調子を崩していたのかなぁ。

 

葉を見るまでは諦めませんが、

脇芽に栄養を取られては花どころじゃない…そんな気がします。

様子をみます。

 

※現在、ショクダイオオコンニャクは展示しておりません。

 ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM