【育成状況】2019年1月末

  • 2019.01.30 Wednesday

おはようございます。

今朝は冷えましたね。

ショクダイオオコンニャクの温室も15℃切っていました。

今が一年で一番寒い時期だと思います。

 

本日は育成状況です。

前回から10日過ぎ、

伸びています…一日約1僖據璽垢如

現在地上部は37僉う〜ん…。

大きくなっていることは嬉しいのですが、

毎日まいにち、悩む日が続きます…。

 

※現在、ショクダイオオコンニャクは展示しておりません。

 ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM