【育成状況】12月上旬

  • 2018.12.10 Monday

こんばんは。

暖かい日が続いていたかと思えば、

急に寒くなってしまいましたね。

極端に寒いのもまた困ります…。

 

本日は育成状況です。

 

11月に入っても暖かい日が続き、さらにイベントも重なったせいで、

毎年10月末に行う鉢の防寒対策を12月まで延期していました。

 

やっと本日、鉢の防寒対策をすることができました!

 

まずは日の当たる方へ鉢を移動して、

鉢に加温マットを巻きつけます。

さらに保温用の布とプチプチを巻き、ラップで固定します。

2鉢、きれいに仕上がりました〜♪

加温マットは設定温度を15℃にしてあります。

例年は20℃にするのですが、あまり温めすぎて発芽しては困るので、

少し控えめにして様子を見ます。

吊ったままだった、プチビニール保温温室をかけて完成です!

これで冬も安心して管理(休眠ですが…)できますね。

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っていません。

 ご了承ください。

 

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM