【育成状況】2018年9月9日、コンニャクイモを掘った♪

  • 2018.09.10 Monday

こんにちは。

今日は雨が良く降っています。

少し肌寒いくらい。

昨日は蒸し暑くて仕方なかったのに。

 

休眠中のショクダイオオコンニャク(小イモ株)の

コンニャクイモの様子をそろそろ確認しなければ…

と思い立ち、昨日(9/9)確認作業をしました。

 

まずは巨大鉢から土を取り去る…

ハンパない量の土ですよね!ガンバロー!

 

取ってとってひたすら…

コンニャクイモが見えてきました〜♪腐っていなさそうです♪

 

鉢に入って作業

おっ!なかなか立派なコンニャクイモかも!

結構重いよ!この子…

4人がかりでヨッコラセと取り出し、

計測しま〜す♪

直径は60僉りっぱ立派!

高さは33僉あまり変わっていないです。

 

体重計で重さを測ります!

前回は38kgでしたが…

67.5kgくらいかな?重くなった〜!

成人男性の平均体重くらいになりますね。

 

コンニャクイモがあまりにも大きすぎて、

メーター部分と一緒の写真が撮れず、

メーターのみの表示となっておりますm(_ _)m

 

さすがにここまで大きく育てば

花芽ができると思うのですが…。

気持ちスッキリした芽。丸々してる気がしますよネ♪

芽まわりの根も5僂曚豹び始めていました。

 

コンニャクイモを掘り出しましたが、

植えないの?と思ってる方もいますよね。

9日には植えずに他の容器に保管しているんです。

なぜなら…

今年もまた植えつけを公開で行うからです!

 

ということで、

9月14日(金)13時半より

花の大温室フローラルプレイスにて

ショクダイオオコンニャクの

コンニャクイモの公開植えつけを行います♪

 

巨大なコンニャクイモをご覧いただくチャンスです!

植えてしまったら当分見ることはできませんよ〜。

 

9月14日、

コンニャクイモと植えつける様子を見に来てくださいね〜♪

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM