【育成状況】8月中旬

  • 2018.08.20 Monday

こんにちは。

数日前から急に朝晩が涼しくなり、

ホッとする時間が増えています。

日も少しずつ短くなりはじめ、

季節は秋に向かっているのだと感じますね。

 

7月末はまだ根もしっかり生きていた、

ショクダイオオコンニャクですが、

8月中旬ごろには葉柄もグニャグニャになってきたので、

「エイヤー」と、大きなカブを抜くようにして、

葉柄を引き抜きました。

 

引き抜いた葉柄のつけ根をのぞいてみると…

何が何だかわからない空間が…。

 

この洞穴のような空間、

実は新しいコンニャクイモから出てる芽をカバーしていたことによるものです。

 

ということで、その芽を確認すべく用土を掘ってみました。

用土に張っていた根はしっかりと枯れていて、

休眠したのだとわかりました。

 

掘り進めると…!

これだよ!これ!見覚えのある芽ですが…

前回よりもかなり大きいような気がします。

前回は幅3僂曚匹任靴燭、

 

今回のは7僂曚匹呂△蠅修Δ任后

まだ葉柄を取り去ったばかりで、

完全な基部を見ることができませんが、

かなり大きいです!

 

この芽、今年中に動いてくれるのかしら…

それだけが気になって仕方ありません。

花だと信じて、待つことにします。

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っておりません。

 ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM