【よりみちコラム】わかったつもりが・・・

  • 2018.08.09 Thursday

こんにちは。

残暑お見舞い申し上げますm(_ _)m

 

まいにち毎日、暑い日が続きますねぇ〜。

9月も酷暑のようですから、あと1カ月は耐え抜かなければなりません!

 

今年1月のブログで、食用コンニャクの芽についての話をしました。

その中で、花芽か葉芽かわかったかも!ということを言ったのですが…

     丸っこく花芽っぽい

 

 

       尖り気味で葉芽っぽい

 

しかし!3月12日、咲いてみたら…

ヒャー( ゚Д゚)!!

すべてが咲いてしまいました〜(;'∀')…

あれ?どうして?!

 

わかったつもりになっていただけで、

さらにわからなくなってしまったのです…。

 

せっかくなので展示しました(すでに終了しています)。

 

 

くさい臭いに誘われるハエを狙って、かえるくんがマッタリとしていました。

 

いや〜。植物って多様なので、答えはひとつじゃないんですよねぇ。

いい勉強になりました♪

 

※食用コンニャクの花の展示はすでに終了しています。

 ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM