2017年8月 休眠株に変化が!

  • 2017.08.15 Tuesday

こんばんはニコッ

今日は雨模様で、久々に猛暑ではなかったので、

植物も人も少しホッとできたのではないでしょうか。

 

先月7月10日に休眠中のショクダイオオコンニャクの鉢土を

掘って少し確認しました。

その時の様子(2017年7月10日↓)

ほぼ変化がなかったんですよね…。表土から30僂凌爾気砲△蠅泙靴拭

 

8月8日もまだ芽は出ず休眠中でしたが、

先輩に「最近見ているか?」と聞かれ、

私は「ちょっと怖くて見ていません…。」と答えました。

 

もしかしたら腐っているかもしれないし、根を傷めてしまうかも。

でも芽が動き始めているのであれば準備が必要だし…。

「やっぱり…見ます。掘ります。」

ということで休眠中のショクダイオオコンニャクの鉢土を掘りました。

 

そ〜っと丁寧に先輩と土を除けていきます。

ビックリエクステンションあった!!」表土から15僂曚匹凌爾気鵬はっぱキラキラがあります。

そうです!芽が伸びていたのですわーいき

2017年8月8日の様子

これが葉芽なのか花芽なのかはわかりませんが、

腐らずに芽が動いてくれたことに、ホッとしましたバイバイ

15僂凌爾気撚蠅鮓つけたということは、

30僂凌爾気縫ぅ發鮨△┐弔韻燭里如15竸びたということです。

生きててくれて良かった〜感動キラキラ

 

一方、休眠から目覚めてグングン伸びていた葉(小イモ株)ですが、

8/12、360竸びたところで葉を開き始めました。

本日の様子↓

葉柄が太くてずんぐりしています。大きいです。

葉の上の方までが335僂箸覆蠅泙靴拭あれ?小さい?

・・・そう、葉が開いてくると徐々に丈が小さくなってしまうのですね。

しかし、葉柄も少しずつは伸びているのでまだまだ成長は止まりません。

 

驚くべきことは・・・エクステンション

葉柄の太いこと!現在葉柄回りは78僂發△蠅泙あひょうパンダエクステンション

今までに育成した葉の中で一番大きそう(太い!?)です!

 

どちらも目が離せなくなってきました〜わーいキラキラ

 

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモ(大)が植えつけられた鉢を展示しております。

説明パネルなどはご覧いただけますが、

開花見込みのショクダイオオコンニャクは休眠中のため、

植物はご覧いただけません(8/15現在)。ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM