2017年7月25日…練習イモの発芽その後と本番イモの最近

  • 2017.07.25 Tuesday

こんばんはぺこり

今日は終日どんより曇ってムシムシしていましたね。

太陽ギラギラに比べたらマシかもしれません暑い

 

2017年7月1日から発芽はっぱし始めた練習用小イモですが…

ナント!本日めでたく102僂箸覆蠅泙靴拭キラキラ

ここ数日は8僖據璽垢任靴燭里如△發里垢瓦い任エクステンション

しかし…残念ながらこの練習用の株は葉芽ということになります。

花芽はこんなに先が尖らず、もっと膨らむはずなので。

 

一方、公開植えつけした大株は本日どうなっているのかというと、

こんな感じで、まだまだ目覚める様子がないです。

こちらの株(イモ)は少し寝坊助寝るさんのようで、

前回も小イモと1カ月ほど生育の始まりに差がありました。

 

でも…でもあまりにも心配なので7月10日に鉢の中央部分を30僂曚鼻

そ〜〜っと、そ〜っと土を取り除いてみました。

鉢の表土部分に乗らないと掘れないし、苦労の末、何とか芽をみつけました。

中央より少し下にある、白い芽がわかりますか?

 

アップにした芽。変化なしで、腐ったり死んでもいません。

もしこれで芽が腐っていたら…という不安も多少あったので、

少しホッとしましたニコッ

 

また、この芽を探している際に、太い根が何本かあるのを確認しました。

腐って半分になってしまった巨大コンニャクイモですが、

困難な状況でも、頑張ってくれているんだと感動してしまいました感動

 

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモ(大)が植えつけられた鉢を展示しております。

説明パネルなどはご覧いただけますが、

開花見込みのショクダイオオコンニャクは休眠中のため、

植物はご覧いただけません(7/25現在)。ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM