育成回顧録А2014年-2015年-2016年)

  • 2017.06.20 Tuesday

こんばんはニコッ

梅雨に入った日だけ、少し雨が降りましたが、

それ以降もう10日以上雨の無い日が続きますね。

夏の水不足も心配です暑い

 

本日は育成回顧録です双葉

 

2014年8月に休眠したコンニャクイモの計測と計量、植えつけが終わり、

その後発芽(葉芽)して葉が展開しました。夏の間、しっかりと光合成できたかな?

 

2014年11月に温室へ入れました。

向かって左が小さかったコンニャクイモの葉で、右が大きなコンニャクイモの葉。

あれ??小さい方が葉が大きく育っていますね。

今年はこのまま冬を越すことができましたが、

来年の冬は…大きくなりすぎて無理でしょうねぇ。

葉がすでに天井につかえそうです。

 

2015年6月17日、温室から外へ出しました。

小さなコンニャクイモの株は鉢がパンパンになったため、

鉢上げを行いました。

根がよく張り、冬の間も順調に成長したのがわかります。

 

どちらの株も直径75僂糧に植わっているので、区別がつかない…

向かって左が大きいイモの株(ちょっと休眠しかけ?)で、

右が鉢上げしたばかりの小さいイモの株です。

 

2015年9月3日。鉢上げもしたし、調子よく育つと思いきや…あれ?

鉢上げのストレスなのか、葉が黄変し始めてしまいました。大丈夫かな?

結局、9/3に小さいイモ株が休眠しはじめ、9/29に大きいイモ株も休眠しはじめてしまいました。

葉は1か月ほどかけて徐々に枯れます。

 

10月に入り夜温も下がり始めたので、その後は温室に移動しました。

次の芽が出てくるまで水やりは中止です。

 

2015年12月2日。

外はすっかり冬ですが、温室内は20℃以上で暖かいです。

休眠中は何も変化がないのですが、

土の温度だけは20℃以上をキープするために温度計だけはチェックします。

実は2015年の冬、デンパークの暖房機器は故障が続き、

20℃以上の温度確保がままならない状態になるほど大変だったのです。

 

今思えば、この時に無理にでもコンニャクイモの掘り上げと計測計量をおこない、

鉢上げをしておくべきでした…そうすれば2017年におきたアクシデントは防げたのかもしれません。

暖房機器さえ故障していなければ踏ん切りがついたと思いますが…後の祭りです。

 

2016年1月2日

小さいイモの株が発芽しはじめました。葉芽と思われます。

 

2016年1月16日

2週間でこんなに伸びるのです!冬なのに〜。

 

遅れること1か月。やっと大きいイモの株が目覚めてきました。

発芽3週間後の芽ですが…花芽ではなさそうです泣く

 

2016年2月ごろから日差しが強くなり、気温も上がるようになったので、

葉芽も一気に伸長しはじめ、バックヤードの小さな温室では収まりきらない事態が!

(つづく)

 

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

 ショクダイオオコンニャクのイモが植えつけられた鉢を展示しております。

 説明パネルなどはご覧いただけますが、ショクダイオオコンニャクは休眠中のため、

 植物は見れません。ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM