2017年6月3〜4日 植えつけの準備着々と

  • 2017.06.10 Saturday

こんばんはぺこり

今日は蒸し暑い一日で、真夏のようでした。

 

5月17日に確認したショクダイオオコンニャクのコンニャクイモ。

その後、腐りの入ったイモは腐りの進行もほとんどなく、

殺菌剤を入れたバーミキュライトの中で眠っています寝る

もうひとつのコンニャクイモは順調でしたが、

そろそろ植えつけを行わないと根が動いていたのでヤバそうですヤバい

 

5月末から土などの資材集めを行い、

6月はじめ、植えつけするための準備を始めました!

 

植えつける鉢の大きさは直径155!!お風呂よりも大きな鉢なのです!

ほらね。大きいでしょわーい中には入っていませんが…。

 

この鉢は購入時に水抜き穴がなかったため、

開けてもらいました!鉢が結構厚かったので大変そう暑い

 

そして、土も既製品ではなく直営ブレンド♪手作りです。

混合機で撹拌し、袋に詰めてもらいます。

 

今回は2鉢分必要でしたので、2900ℓも作りました!お疲れ様でしたぺこり

ハンパない…ビックリ

 

本当にこんなに土が必要なのか…計算を何度もしたし、大丈夫!…なはず

さぁ、準備できたからいよいよ植えつけですよ〜=3

(つづく)

 

※2017年6月10日現在、デンパークのショクダイオオコンニャクは休眠しており、

展示は行っておりません。ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM