【よりみちコラム】乾燥葉柄を水で戻してみた・・・

  • 2017.04.30 Sunday

こんにちはニコッ

昨日は開園記念日で、デンパークも20歳となりましたキラキラ

多くのお客様や市民の方々に支えられ、感謝感謝の20周年ですお願い

 

本日はちょっと脱線して…

 

3月末に休眠したショクダイオオコンニャクの葉柄を切ったのを覚えていますか?

            

            ↓

 

ビックリエクステンション2週間ほどで乾燥して小さく縮んで、1/4ほどの大きさになってしまいました。

 

先日、先輩に「水で戻したら元に戻るの?」と聞かれ、

分からないので戻してみようということになりました。

干ししいたけを戻すように水に浸して(浮きましたが汗)2日ほど…

倍くらいでしょうか?元どおりにはなっていませんが、

浸したパンみたいになりました。熱湯で戻すと一晩で戻りますわーい

 

上手く調理すれば…オニオンスープもできそう(写真はイメージです!)

食べられませんので悪しからず。

 

コンニャクが休眠した後も、色々楽しめる葉柄の実験(!?)でしたバイバイ

 

 

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM