【よりみちコラム】コンニャクの花いろいろ

  • 2017.04.15 Saturday

こんにちはニコッ

今日は朝蒸し暑く、昼前に急なにわか雨が降り、

その後また春らしい陽気になったりと忙しいお天気の一日でした汗

 

本日はコンニャクの花を少しご紹介します。

みなさんは食用コンニャクの花って見たことありますか?

コンニャクイモを育てている方や、植物園の展示などでしか見ることはないと思います。

食用コンニャクは小さな生子(きご)というイモを3年ほど育ててからコンニャク作りに使用されます。

花は4年以上育てた直径15僂らいのイモにならないと咲きませんびっくり

↑こちら食用コンニャク`はるなくろ'という品種の花です。

花びらのように見えるのは仏炎苞(ブツエンホウ)という花を包む苞葉。

中心の付属体という部分下方の白い部分が本当の花(花序)です。

文字で説明すると難しい用語ばかりになってしまいます。

結構大きくてにおいも…かなり臭いのですが、立派な花ですキラキラ

この花は1週間ほど咲いていました。

 

↑こちらは違う種類のコンニャクの花。食用ではありません。

白い仏炎苞は清楚きで不気味な感じはしませんね。

この花も1週間ほど咲きます。

 

↑こちらはデンパークではまだ見ぬショクダイオオコンニャクの花わーい

2012年5月末に筑波実験植物園で撮影した写真で、150僂曚匹△蠅泙靴ビックリ

イモがもっと充実すれば200僂鯆兇┐襪修Δ任后

しかしこの花は2日間しか咲きません・・・

 

コンニャクの花もいろいろなんですねキラキラ

 

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM