【育成状況】2017年11月末

  • 2017.11.30 Thursday

お久しぶりのコンニャク観察日記ですニコッ

 

晩秋は不安定な気候で、

あっという間に冬が来てしまいました。

でも、今日は小春日和汗・・・休み始めた植物が動いちゃう!!

困ったなぁ暑い

 

さてショクダイオオコンニャクですが、

簡易ビニール温室でぬくぬくと過ごしています温泉

今日は1カ月ぶりに水やりしたこともあり、

温室の中は湿度が高すぎて、レンズがくもっちゃいます。

しかも、大きすぎてフレームアウトビックリエクステンション

 

パッと見は成長していないようですが・・・!?

1カ月ぶりに葉柄のつけ根の太さを計測メジャーしてみると、

小さいイモ株は、90.5→93(直径29.6僂曚鼻砲砲覆辰討い泙靴ビックリエクステンション

電柱みたい…もう小さくないですよねわーい

右の大きかったイモの株が細く見えます。

 

11月に入り、天気のいい日が続いたためなのかわかりませんが、

ショクダイオオコンニャクは元気にしていますよ!

 

それではまたわーい

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っておりません。

 ご了承ください。

 

【育成状況】2017年冬支度

  • 2017.10.27 Friday

こんばんはニコッ

お久しぶりです。

 

前回の更新からすでに25日も過ぎてしまいました。

秋なのに寒かったり、暑かったり、台風が来たり…。

気候はずっと不安定なままですね汗

ただでさえ、植物の生育期間が短い秋。

10月の日照不足は後々、かなり影響が出ると思います。

 

さてショクダイオオコンニャクは、

少し涼しくなってきたからか、

生育が緩慢になりましたが…巨大ビックリ

↑今朝(10/27)の葉っぱ。大きすぎて全部写せないっわーい

 

あれ?気づきましたか?

2株がかなりくっついているように見えますよね?

 

そう。実は10/24に簡易温室を作成したのです。

今日は10/24の簡易温室作成作業をお見せします。

 

10/24午後

向かって左の株は大イモ(まだ葉はっぱが展開中です)で、

右の株が小イモ株。人やリフトの大きさと比べるとわかりますが、

かなり大きい!

 

移動させて、鉢のまわりの保温作業を行います。

オレンジ色の電熱マットは昨年よりも大きくなりました。

何せ、鉢も巨大なので…わーい

 

簡易温室のビニールを張ります。

8人がかりで作業キラキラ

 

天井部分を持ち上げて、

直径5x6mの楕円の円筒型。

高さ6〜7mほどまで引き上げます。

 

ビニールが上がった状態で、

ショクダイオオコンニャクを移動します。

どのくらいの重量があるのでしょうか?

7人がかりでセッセ汗と押したり引いたり。

 

何とか1株、温室の下へ移動完了。

おー。ギリギリいっぱいな感じで、余裕がない…ビックリ

 

こんな状態ですが、もう一株入れちゃいます。

ヨイショ、ヨイショと少しずつ。

9人で力を合わせて、何とか寄せました。

 

ビニールを下ろしま〜すわーい

 

これも少しずつ。葉が幅ギリギリなので注意しながらの作業。

無事にビニールが下ろせたので、一安心。

 

簡易温室の完成ですキラキラ

やっぱり大きさギリギリだなぁ…汗

でも、入って良かったです〜♪

 

これで冬が来ても大丈夫!(だと思うけど…)

また変化がない日が続きますが、

ショクダイオオコンニャクは頑張っていますよ〜手

 

次回もお楽しみに!

気長にお待ちくださいね。

 

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っておりませんので、

ご了承ください。

【育成状況】2017年10月はじめ

  • 2017.10.02 Monday

こんにちはニコッ

秋らしい日が続いていましたが、今週はぐずついた天気になるようです。

 

ショクダイオオコンニャク、2週間ぶりの更新です。

計測や記録は毎日とり続けていますよ♪

大きくなってはいますが、スケール感が分かりにくいですね。

右端はケンチャヤシの幹ですが、

この株が隣に来たらコンニャクが気持ち小さく見えてしまうようになりました。

目の錯覚って不思議です。

 

↓巨大予備株(もう小さくないはずですが小さいイモの株)

真下からフラッシュをたいて撮影カメラ

葉幅は5mを超えました。立派ですキラキラ

 

↓こちら展示して撤収した大イモの株

現在3.4mで、昨日より葉が開き始めたような・・・

 

撤収してから少し葉先が傷んだのですが、

ずっとこの傷み具合は残りそうです・・・。

上手く葉っぱ開いてくれるといいのですが…。

 

そろそろ冬支度もしなきゃいけないし、

冬までに葉が完全展開するのかしら…不安です。

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っておりませんので、

 ご了承ください。

 

 

2017年9月11日 やっぱり・・・

  • 2017.09.15 Friday

こんにちは。

台風が近づいていますね。

被害がないことを願いますぺこり

 

さて、発芽はっぱを開始したショクダイオオコンニャク(大イモ)ですが…

 

9/11朝、変化がありました。

やはり…葉芽はっぱでした・・・

ちょっと『大あんまき(知立名物)』に似ています。

ふざけてはいませんが…少しショックですねー感動

そっか〜。葉っぱかぁ…。

 

↓9/14の様子

結構伸びて93僂砲覆蠅泙靴拭

 

残念お知らせ看板と共に展示してありましたが…!

 

台風による諸事情により、9/14午後に展示鉢の撤収を行いましたビックリエクステンション

あと1週間は展示予定でしたが、ご了承くださいぺこり

応援していただいた皆様、本当にありがとうございましたバイバイ

 

これにて一旦、

ショクダイオオコンニャク育成職人の夏キラキラは終わるのですが、

来夏の開花に向けてもうすでに再スタートしています!

そう。あの巨大葉を出したコンニャクイモですわーいエクステンション

9/14に葉の計測をしてみたところ、

高さ320僉⇒嬋470僉⇒嬖舛泙錣蠅なんと90.5ビックリエクステンション

巨大すぎる…わーいエクステンション素晴らしい葉っぱになっています。

 

上から撮影すると…

こんな感じで〜す。立派りっぱ♪

 

この葉がおよそ1年後に休眠して、

今度こそ!花を咲かせてくれると願っています!

 

ショクダイオオコンニャクの観察日記は今後も続けてまいりますが、

コンニャクに変化などあった時など(作業もあります!)不定期更新となります。

 

コンニャクが動き始めるころに、またお会いしましょう手

 

 

【よりみちコラム】コンニャクの葉柄の模様

  • 2017.09.10 Sunday

おはようございますニコッ

秋雨が降ったり、夏のように晴れたりと、

変わりやすいお天気が続きますね。

 

本日は「よりみちコラム」です。

寄り道している場合じゃない!と言われそう・・・汗

 

コンニャクの葉の軸、葉柄(ようへい)には、

一風変わった模様があるのをご存知でしょうか?

まずは写真を

こちら、食用コンニャク`はるなくろ'の葉柄です。

少し色あせてきていますが、迷彩柄と表現するとわかりやすいですね。

ジャングルではバッチリカモフラージュできちゃいます。

そして、

こちら、ショクダイオオコンニャクの葉柄です。

どんな模様と表現すればいいのか…暑い

 

↓キクメイシサンゴの化石みたいな模様?

あるいは、

↑多肉植物の万像(ハオルチア)みたいな模様?

 

どちらも少しマニアックでわかりにくいですが、

とにかく、葉柄の模様が面白く興味深いなぁということでしたバイバイ

 

※フローラルプレイス内花工房横では、

ショクダイオオコンニャクのイモ(大)が植えつけられた鉢を展示しております。

9/10現在、発芽した芽をご覧いただけます。

ご見学の際は芽にお手を触れないよう、お願いいたします。

 

↓9/8の展示株 芽はっぱの様子です

高さは52僉株元の直径は8.5僂任后

1日4僂曚豹びていますので、10日は60僂砲覆辰討い襪も!

 

2017年9月5日 葉か…花か?

  • 2017.09.05 Tuesday

こんばんはニコッ

雨がポツリポツリと降ってきました雨降り

秋雨前線による影響で、今週はぐずつきそうですね。

 

8月23日に発芽を始めた芽はっぱは、毎日少しずつ伸びて、

 

9月5日の様子。伸びています。尖っています・・・。

う〜ん…葉かなぁ?

もちろん諦めてはいませんよ!

 

でも・・・

高さは40cm、株元の直径は8僂砲覆蠅泙靴拭

細く尖っているんですよね〜。写真で見るとさらに細く見えちゃう…。

 

あと1週間ほど経過観察ビックリはっぱを続けます。

どうか花でありますように・・・お願い

 

一方、もう一株の小イモ株(かなりデカいですが)の葉は、

見事に展開しました。大きすぎてお見せできないのが残念です。

鉢の縁に座っているのは人形ではなく、人ですビックリエクステンション

しっかりした葉がカッコいいんです。

居心地良さそうな顔つき(葉なのに!?)してるでしょ?

 

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモ(大)が植えつけられた鉢を展示しております。

9/5現在、発芽した芽をご覧いただけます。

ご見学の際は芽にお手を触れないよう、お願いいたします。

 

2017年8月23日 発芽開始!!

  • 2017.08.30 Wednesday

こんばんはぺこり今日も暑い一日でした。

日は短くなり、傾いてもいるのですが…やっぱり暑い!!

週末には最低温度が20℃を下回る日があるって予報、本当かな?

 

本日はご報告ですキラキラ

 

1週間前の8/23、展示中の休眠イモが発芽を開始しましたエクステンション

前回掘った時(8/8)から2週間が経ちました。

イモのつけ根から30竸びたことになりますが、

芽の大きさの記録は2僂任后

 

以下は1週間の芽の動き写真ですあひょうパンダ

 

↓8/24 はっぱ5

 

↓8/25 はっぱ6

 

↓8/26 はっぱ7

 

↓8/27 はっぱ9.5僉―鳥りしないと入らない(ことはない)

 

↓8/28 はっぱ11

↓8/29 はっぱ13

 

↓8/30 はっぱ16.5

葉っぱかなぁ〜。花かなぁ〜。どっちかなぁ〜。

この一週間は毎日みんなと芽を見てはこの話で持ちきりですわーいき

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモ(大)が植えつけられた鉢を展示しております。

8/30現在、発芽した芽をご覧いただけます。

ご見学の際は芽にお手を触れないよう、お願いいたします。

 

育成回顧録(2017年3月)

  • 2017.08.25 Friday

こんばんはニコッ

この数日の猛暑は身体に堪えます。

そろそろ秋になってほしいですね。

 

本日も育成回顧録の続き♪

2017年2月末、葉柄の縦筋が急に目立ち始めて、

いよいよ休眠がスタートしたところからです。

 

3月1日、あっという間の出来事でしたエクステンション

葉は青々としていたのですが、急に葉柄が傾き、慌ててロープをかけました。

もう少し葉が黄色くなってからでしょ!?…とこの日は必死でした汗

葉が想像以上に重かったのでしょうか。

向かって左側が小イモの株で、右側が大イモの株です。

 

8日後の3月9日、ここまで変わるのかと驚きますビックリエクステンション

一気に葉が黄変し、小葉軸が重さで折れていきます。(並びは最初の写真と同じ)

 

3月12日、小イモ株(左)はロープが効かなくなってきました

葉の色も日に日に黄色くなっています。

そして・・・ビックリエクステンション

小イモ株は葉柄の途中から折れて倒れましたビックリ

株元はこんなにシワシワになっていました。

 

3月14日の大イモ株

三小葉すべての複葉が折れて、まるで開いていない傘のようになってしまいました。

なんだかツリーのようにも見えますね。

 

それから3日後の3月17日・・・

ロープでは支えきれずに折れました感動

まだ緑色した部分は残っていたので、もう少しこのまま置いてみることにしました。

 

10日後の3月27日

葉柄のシワも深くなり、葉も茶色に変色してきたので、

思い切って整理することになりました。

お疲れ様でしたぺこり葉っぱクンキラキラはっぱ

 

そしてこの葉っぱが、このブログの最初の写真に続くのです。

憶えていますか?この写真♪

 

ということで「育成回顧録」は今回で終了となりますが、

現在の状況やよりみちコラムは引き続きアップしていきますので、

今後ともよろしくお願いいたしますぺこり

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモ(大)が植えつけられた鉢を展示しております。

開花見込みのショクダイオオコンニャクは8/23より発芽が始まりました。

あたたかく見守っていただければと思います。

 

育成回顧録(2016年末-2017年早春)

  • 2017.08.20 Sunday

こんばんはニコッ

不安定なお天気が続きますね。

朝夕は晴れると秋空のような雲が見えるようになりました。

 

本日は育成回顧録です。

 

2016年10月末下旬に冬支度を終え、

11月からは温室の暖房が動き始め(15℃キープ)、

12月16日から鉢に巻いた保温マット(20℃設定)を稼働させました。

昨年のような寒い思いはさせたくなかったので必死=3

上の方から覗くビックリとこんな感じです。株もいい状態で年越ししました。

 

2017年1月27日の様子↓

他の熱帯植物と仲良く!?同居していますわーい

 

まだまだ元気な状態の葉が続いておりホッとしていたのですが、

ただひとつ気になることがありました。

それは1月末になっても休眠し始める兆候が全くなかったこと。

休眠しないと次へ進めない・・・暑い

 

休眠開始から1カ月ほどで完全休眠します寝る

前回の完全休眠の期間は132日間で、およそ4か月ほどです。

休眠が明けて葉や花などの芽が出てから、

葉の展開はっぱや開花まではおよそ1カ月程度かかる見込みです。

ということは休眠開始から開花までは半年・・・。

 

夏休み期間中(7,8月)に咲いてくれるといいなぁという願望があったので、

1月か2月には休眠し始めてくれないといけないんだけど・・・。

1月も2月も葉は元気いっぱいで、休眠の気配はありません。

 

もし3月になっても動きがなかったら…。

揺するか?叩くか?エチレンを使用するかなど、

少々手荒な策ビックリを考えていた矢先(イモが勘付いた!?)、

2017年2月27日から葉柄に筋が入り始めたのです!

葉柄の縦筋が急に目立ってきました。2月末、いよいよ休眠スタートですバイバイ

 

次回は2株の葉が休眠して倒れる様子までをお話します。

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモ(大)が植えつけられた鉢を展示しております。

説明パネルなどはご覧いただけますが、

開花見込みのショクダイオオコンニャクは休眠中のため、

植物はご覧いただけません(8/20現在)。ご了承ください。

2017年8月 休眠株に変化が!

  • 2017.08.15 Tuesday

こんばんはニコッ

今日は雨模様で、久々に猛暑ではなかったので、

植物も人も少しホッとできたのではないでしょうか。

 

先月7月10日に休眠中のショクダイオオコンニャクの鉢土を

掘って少し確認しました。

その時の様子(2017年7月10日↓)

ほぼ変化がなかったんですよね…。表土から30僂凌爾気砲△蠅泙靴拭

 

8月8日もまだ芽は出ず休眠中でしたが、

先輩に「最近見ているか?」と聞かれ、

私は「ちょっと怖くて見ていません…。」と答えました。

 

もしかしたら腐っているかもしれないし、根を傷めてしまうかも。

でも芽が動き始めているのであれば準備が必要だし…。

「やっぱり…見ます。掘ります。」

ということで休眠中のショクダイオオコンニャクの鉢土を掘りました。

 

そ〜っと丁寧に先輩と土を除けていきます。

ビックリエクステンションあった!!」表土から15僂曚匹凌爾気鵬はっぱキラキラがあります。

そうです!芽が伸びていたのですわーいき

2017年8月8日の様子

これが葉芽なのか花芽なのかはわかりませんが、

腐らずに芽が動いてくれたことに、ホッとしましたバイバイ

15僂凌爾気撚蠅鮓つけたということは、

30僂凌爾気縫ぅ發鮨△┐弔韻燭里如15竸びたということです。

生きててくれて良かった〜感動キラキラ

 

一方、休眠から目覚めてグングン伸びていた葉(小イモ株)ですが、

8/12、360竸びたところで葉を開き始めました。

本日の様子↓

葉柄が太くてずんぐりしています。大きいです。

葉の上の方までが335僂箸覆蠅泙靴拭あれ?小さい?

・・・そう、葉が開いてくると徐々に丈が小さくなってしまうのですね。

しかし、葉柄も少しずつは伸びているのでまだまだ成長は止まりません。

 

驚くべきことは・・・エクステンション

葉柄の太いこと!現在葉柄回りは78僂發△蠅泙あひょうパンダエクステンション

今までに育成した葉の中で一番大きそう(太い!?)です!

 

どちらも目が離せなくなってきました〜わーいキラキラ

 

 

※フローラルプレイス内花工房横にて、

ショクダイオオコンニャクのイモ(大)が植えつけられた鉢を展示しております。

説明パネルなどはご覧いただけますが、

開花見込みのショクダイオオコンニャクは休眠中のため、

植物はご覧いただけません(8/15現在)。ご了承ください。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM