【育成状況】2018年10月10日

  • 2018.10.10 Wednesday

おはようございます。

昨日までの秋晴れとは打って変わり、

今日は雲に覆われています。

 

9月30日のブログを書きそびれている間に、

休眠し始めていた株(大イモ)の葉も…

すっかり色が抜けてしまいました〜。

 

葉柄も細くなっているので、隙間ができています。

 

真正面から見ると、まるで傘のお化けです。

ハロウィンフラワーショーに使えそう♪

上からロープで吊っているので立っていますが、

そうでなければ倒れていると思います。

 

9月14日にコンニャクイモを植えつけた鉢…

今のところ、特に変化はありません。

天候が良かったので、少し水やりしました。

そろそろ冬支度の時期ですが、この先いったいどうなるのかな…。

 

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っていません。

 ご了承ください。

【育成】2018年9月14日 公開植えつけをしました!

  • 2018.09.20 Thursday

おはようございます。

昨日までの3日間は、気持ちのいい秋晴れでしたが、

今日からまた秋雨が続きそうですね。

 

9月14日(金)にフローラルプレイスで、

コンニャクイモの公開植えつけを行いました。

昨年に引き続き2回目となります。

 

その前に準備です。

大きな鉢の予備はないので、鉢を洗って土作りなどもやっておきます。

 

9月14日の午前中、コンニャクイモを再度掘り上げて洗いました。

洗うと茶色でボコボコのきれいなイモになりました♪

中心部の根がかなり出ているのがわかりますね。

 

芽の様子です。大きいです♪花芽かなぁ。

 

みんなで協力してイモを持ち上げ、殺菌剤に浸します。

中心の芽と根に注意して〜

浸漬殺菌したら、次は別の殺菌剤を粉衣します。

中央部分以外のボディに刷毛でやさしく〜

 

公開植えつけをする場所の準備をして、

午前の準備完了です♪この日は雨…お客様少ないなぁ。

 

午後1時半、

お客様や新聞社、ケーブルテレビの方などに

ご覧いただきながら、公開植えつけのスタートです。

白くて巨大!比べる物(人)があるとよくわかりますね。

 

今回のコンニャクイモは重さが67.5kgあり、

高い位置まで持ち上げるのはできないので、

今回はフォークリフトを使って持ち上げることにしました。

鉢の高さは1m以上。

リフトで吊り下げバッグごと持ち上げ、鉢内へ入れます。

 

人も鉢に入り、コンニャクイモの位置を決めます。

 

作業は都度、説明をはさみながらゆっくりと確実に進めました。

培養土を入れます。肥料袋ですが中身は培養土です。

少しずつ、コンニャクイモが埋まっていきます。

もう一息で芽も埋まります。

花芽でありますように!ガンバレ〜♪

今回の公開植えつけはここまでで終了。

 

ご声援、ありがとうございました〜♪

 

本来であればこの後、殺菌剤を灌注するのですが、

今回は諸事情により、バックヤード(非公開)へ移動しての作業となりました。

 

バックヤードで殺菌剤を土壌灌注します。

ジョウロで26杯、つまり260Lの殺菌剤を入れました。

植えつけ完了で〜す♪

 

あとは待つのみ…

芽が出て花芽と確認されたら公開する予定です。

ブログは引き続きアップしていきますよ♪

 

 

実は3日前、大イモ株の葉が萎れて休眠し始めました。

今日あたりロープ掛けないと倒れちゃうかな…。

1か月後にまた掘り上げと植えつけ!?

冬が来ちゃうから、ちょっと心配です…。

春まで待ちたいなぁ〜。

 

 

※ショクダイオオコンニャクは現在展示していません。

 ご了承ください。

【育成状況】2018年9月9日、コンニャクイモを掘った♪

  • 2018.09.10 Monday

こんにちは。

今日は雨が良く降っています。

少し肌寒いくらい。

昨日は蒸し暑くて仕方なかったのに。

 

休眠中のショクダイオオコンニャク(小イモ株)の

コンニャクイモの様子をそろそろ確認しなければ…

と思い立ち、昨日(9/9)確認作業をしました。

 

まずは巨大鉢から土を取り去る…

ハンパない量の土ですよね!ガンバロー!

 

取ってとってひたすら…

コンニャクイモが見えてきました〜♪腐っていなさそうです♪

 

鉢に入って作業

おっ!なかなか立派なコンニャクイモかも!

結構重いよ!この子…

4人がかりでヨッコラセと取り出し、

計測しま〜す♪

直径は60僉りっぱ立派!

高さは33僉あまり変わっていないです。

 

体重計で重さを測ります!

前回は38kgでしたが…

67.5kgくらいかな?重くなった〜!

成人男性の平均体重くらいになりますね。

 

コンニャクイモがあまりにも大きすぎて、

メーター部分と一緒の写真が撮れず、

メーターのみの表示となっておりますm(_ _)m

 

さすがにここまで大きく育てば

花芽ができると思うのですが…。

気持ちスッキリした芽。丸々してる気がしますよネ♪

芽まわりの根も5僂曚豹び始めていました。

 

コンニャクイモを掘り出しましたが、

植えないの?と思ってる方もいますよね。

9日には植えずに他の容器に保管しているんです。

なぜなら…

今年もまた植えつけを公開で行うからです!

 

ということで、

9月14日(金)13時半より

花の大温室フローラルプレイスにて

ショクダイオオコンニャクの

コンニャクイモの公開植えつけを行います♪

 

巨大なコンニャクイモをご覧いただくチャンスです!

植えてしまったら当分見ることはできませんよ〜。

 

9月14日、

コンニャクイモと植えつける様子を見に来てくださいね〜♪

【育成状況】2017年に半分イモが腐った株は今・・・

  • 2018.08.30 Thursday

こんにちは。

少し前に秋の気配を感じたはずが、

また暑さが戻ったようで、

厳しい暑さが続いています…。

 

デンパークには開花見込みのショクダイオオコンニャクが2株あり、

現在は昨年、練習植えした株(小イモ株)について、

育成状況を載せています。

 

今回は、

もう一株(昨年は主力選手だった大イモ株)の育成状況です。

 

少しややこしくなっておりますが、

どちらが咲いてくれても大歓迎なので、

広い心で見守っていただけると幸いです。

 

(回顧録)

2017年に開花を見込んでいた大イモ株でしたが、

その年の5月17日にコンニャクイモを掘り上げたら、

コンニャクイモの半分が腐ってしまうという、
アクシデントが起きていたのです。
それでも開花することを信じ、
植えつけて、望みを託すことにしたのです。
結局、
葉芽ということで、開花には至りませんでした。
これがちょうど2017年8月末、一年前のことです。
イモの半分近くが腐った株でしたが、
葉も少しイジケながらも成長していきました。
2017年10月の様子。
(現在)
そして2018年8月30日現在、

こんな感じです。高さは約320僉⇒嬖舛梁世い箸海蹐70僂曚鼻

左側の鉢は2018年に開花を見込んでいる小イモ株(休眠中)。

 

よく見ると・・・

葉がイジケてよじれているのがわかるかと思います。

コンニャクイモが半分腐っていた影響なのでしょうか…。

 

広がった葉もスカスカした感じですね。

でも、これで元気そうなんです。

 

夏の間しっかりと新たにできるコンニャクイモに養分を蓄えて、

次の休眠の後は、花が咲いてくれるといいなぁ♪

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っておりません。

 ご了承ください。

【育成状況】8月中旬

  • 2018.08.20 Monday

こんにちは。

数日前から急に朝晩が涼しくなり、

ホッとする時間が増えています。

日も少しずつ短くなりはじめ、

季節は秋に向かっているのだと感じますね。

 

7月末はまだ根もしっかり生きていた、

ショクダイオオコンニャクですが、

8月中旬ごろには葉柄もグニャグニャになってきたので、

「エイヤー」と、大きなカブを抜くようにして、

葉柄を引き抜きました。

 

引き抜いた葉柄のつけ根をのぞいてみると…

何が何だかわからない空間が…。

 

この洞穴のような空間、

実は新しいコンニャクイモから出てる芽をカバーしていたことによるものです。

 

ということで、その芽を確認すべく用土を掘ってみました。

用土に張っていた根はしっかりと枯れていて、

休眠したのだとわかりました。

 

掘り進めると…!

これだよ!これ!見覚えのある芽ですが…

前回よりもかなり大きいような気がします。

前回は幅3僂曚匹任靴燭、

 

今回のは7僂曚匹呂△蠅修Δ任后

まだ葉柄を取り去ったばかりで、

完全な基部を見ることができませんが、

かなり大きいです!

 

この芽、今年中に動いてくれるのかしら…

それだけが気になって仕方ありません。

花だと信じて、待つことにします。

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っておりません。

 ご了承ください。

【よりみちコラム】わかったつもりが・・・

  • 2018.08.09 Thursday

こんにちは。

残暑お見舞い申し上げますm(_ _)m

 

まいにち毎日、暑い日が続きますねぇ〜。

9月も酷暑のようですから、あと1カ月は耐え抜かなければなりません!

 

今年1月のブログで、食用コンニャクの芽についての話をしました。

その中で、花芽か葉芽かわかったかも!ということを言ったのですが…

     丸っこく花芽っぽい

 

 

       尖り気味で葉芽っぽい

 

しかし!3月12日、咲いてみたら…

ヒャー( ゚Д゚)!!

すべてが咲いてしまいました〜(;'∀')…

あれ?どうして?!

 

わかったつもりになっていただけで、

さらにわからなくなってしまったのです…。

 

せっかくなので展示しました(すでに終了しています)。

 

 

くさい臭いに誘われるハエを狙って、かえるくんがマッタリとしていました。

 

いや〜。植物って多様なので、答えはひとつじゃないんですよねぇ。

いい勉強になりました♪

 

※食用コンニャクの花の展示はすでに終了しています。

 ご了承ください。

【育成状況】2017年7月下旬

  • 2018.07.30 Monday

こんにちは。

一昨日の台風、被害もなくホッとしていますが、

今回のような異例の台風も今後、

普通に起こりうる気象災害と考えなければならないですね。

 

今日は台風の吹き返しが吹いていたのですが、

南東風で、雲も東から西へ流れて、

なんだか違和感を感じる空でした。

 

ショクダイオオコンニャクは、ほぼ休眠していますが、

葉柄はまだ残っています。

土の中のコンニャクイモは、果たして元気なのか…。

それだけが気がかりです。

 

と、いうことで少しだけ掘ってみることにしました。

 

土の量がハンパないのですが、

4人でセッセと土を取り除いていきます。

20僂曚錨擇鮗茲辰人融辧

上根が結構しっかりしていたので、

なかなか掘り進むことは難しそうです。

 

深さ25僂らいの場所に、

コンニャクイモを発見したのですが、

掘り進めないので、一部分だけしか見ることができませんでした。

これではわからないですよね・・・。すみません。

 

でも、コンニャクイモは腐った臭いなどもせず、

元気そうでしたので、

もう少し根が枯れるのを待ちたいと思います。

 

大きな大きなコンニャクイモになっているのかなぁ〜♪

 

 

ショクダイオオコンニャクではありませんが、

コンニャク属の一種である、

Amorphophallus parvulus(アモルフォファルス・パルブルス)の

花が咲いてきました。

以前もご紹介しましたが、

コンニャク属の花としては清楚で美しく、小型ですが珍しい種類です。

 

においは…もちろん臭いんですけどね。1日だけです。

花は数日咲いており、他に数株蕾が出ているため、

8/1より展示いたします。

 

ぜひご覧くださいね♪

 

【育成状況】葉っぱが倒れた!

  • 2018.07.19 Thursday

こんばんは。

連日の酷暑、本当に危険な暑さです。

 

この暑さのせいなのか、

休眠し始めていたショクダイオオコンニャクの葉は、

あっという間に黄色くなっていきました。

 

7月19日 AM8:30の様子

かなり色が変わったなぁ〜。

 

その日の夕方4:00ごろ、

先輩が「倒れたよ」と呼びに来てくれました。

見に行くと…

立ってない〜!!見事に倒れました。

 

葉柄にはまだ水分が残っている感じです。

 

このまま放置しても、葉が管理の邪魔になるので、

葉柄の途中から切ってしまいました。

 

切った葉を捨てるのはやはり惜しいので、

前回同様・・・

広げてみましたが、デカい!!

人も、真ん中に置いたスケール(5m!)も小さく見えますね。

前回置いた場所で葉を広げることはできなかった…。

ホント、大きく育ったなぁ。

 

↓これは2017年3月

懐かしい♪

 

葉を広げたまま、帰ろうかと思いましたが、

巨大すぎて邪魔になりそうなので、

一旦隅の方に移動しました。

一人でズルズル引きずって移動したら、結構きれいな形になりました。

我が子、大きすぎます(笑)。

 

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っておりません。

 ご了承ください。

 

【育成状況】2018年7月上旬

  • 2018.07.10 Tuesday

こんばんは。

梅雨が明け、猛暑日が続きますね。

 

今回の豪雨で被災された方々に、

お見舞い申し上げます。

早い復興を願いますが、

この暑さで健康を損なわないようにすることが

一番大切かと思います。

 

 

今回は、

休眠しはじめたショクダイオオコンニャクの育成状況です。

ロープをかけた翌日から、急速に休眠へと向かっています!

 

7/7の様子

あれよあれよと小葉の付け根が折れ曲がり、

傘をたたんだような姿に…。

 

ロープ掛けておいてよかった〜♪

 

そして、本日7/10の様子

徐々に葉が黄変している様子がわかります!

あ〜…いよいよ休眠だなぁ。少し寂しい気持ちになります。

 

休眠した後が勝負です。

気を引き締めていきたいと思います!

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っておりません。

 ご了承ください。

 

 

【育成状況】2018年7月

  • 2018.07.02 Monday

こんにちは。

東海地方は梅雨明けしていないのですが、

真夏のような天気が続き、バテそうです。

 

育成状況を2017年11月から更新しておらず、

今どうなってるの??と、

心配されている方も多いと思いますので、

今回は久々の育成状況です!

 

2017-18年の冬は、暖房故障などのトラブルもなく、

ショクダイオオコンニャクは少々狭い、

簡易ビニール温室でぬくぬくと冬を越しました。

 

調子のいい株(小イモ株)は、

2017年7月1日に発芽してから丸一年が経ちました。

初夏ごろから少しずつ痩せてきたような感じでしたが、

6月になると葉も萎れ始め、末には急に縦筋が目立つようになってきました。

 

今朝(7/2)温室をのぞくと、

葉柄の縦筋が相当目立ちます…これはいよいよ休眠かな?

 

上部にも筋が目立ちます

 

前回休眠した時もあっという間に葉柄が傾き、大変だったので、

今回は早めにロープをかけることにしました。

幹のようになっている葉柄ではロープが落ちたり、

葉がねじれたりしたので、

 

今回は小葉の分かれ目部分にロープをかけました。

多分、折れ曲がってしまいますが、

主幹(葉柄)さえ立っててくれればOKです。

 

真上から見てみると…

まだまだ元気そうな気がします(^-^;

 

葉柄の太い部分。色も少しくすんできました。

久々にこの葉柄の太い部分まわりを計測したら、

85僂砲覆辰討い泙靴拭痩せた〜!!

ちなみに2017年11月は93僂任靴拭

 

今年のうちに咲くためには、

そろそろ休眠してくれないといけないのですが、

こればかりはショクダイオオコンニャク様しかわかりませんよね。

 

変化がありましたらお知らせいたします♪

 

 

※現在、ショクダイオオコンニャクの展示は行っておりません。

 ご了承ください。

 

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM