【号外】筑波実験植物園のショクダイオオコンニャクが咲きそう!

  • 2020.01.11 Saturday

遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

昨年末でデンパークのコンニャクブログも休眠したのですが、

開花しそうな情報が入りましたので、号外です!

 

筑波実験植物園のショクダイオオコンニャクが、

12月中旬に目覚めて下旬に花芽と確認されました。

1/10現在は162僂箸覆蝓△い茲い萢莉桔くらいに咲きそうです!

筑波実験植物園のHPにショクダイオオコンニャクのブログがあるので、
チェックしてくださいね↓

http://www.tbg.kahaku.go.jp/news/konnyaku/

(筑波実験植物園ブログより)

また画像を縦向きにできない!すみません。

蕾ですね〜!すごいですね〜。羨ましい!

行きたいなぁ…筑波実験植物園…ショクダイオオコンニャクの花見たいなぁ。

 

今季は暖冬とは言えども、

熱帯植物のショクダイオオコンニャクが

この厳寒期に開花することは非常に珍しいことで、

きちんと開花するのか少し不安でしたが、

スクスクと大きくなる蕾の写真を見て安心しました。

咲きますよ!!

関東の方は開花したらぜひ、会いに行ってあげてくださいね。

花は2日ほどしか見れないので、HPでチェックしてくださいね。

 

※デンパークではなく、筑波実験植物園のショクダイオオコンニャクの話です!

【育成状況】2019年12月下旬

  • 2019.12.30 Monday

おはようございます。

今朝は朝から雨が良く降っています。

 

本日は育成状況です。

12/23に出勤すると、変色した葉柄が傾いていました。

あらら!これは切らなきゃ(;^_^A

と、いうことで地際部分で切りました。

水が溢れてくるので、雑巾で吸い取り。

切り取った部分も腐って柔らかい上に、

水でかなり重量がありました。

 

これは一番上の乾かしていた部分

ラスクみたいにサクサクになっていましたよ♪

食べれないですけどね(;^_^A

 

そして…本日12/30、

こんな感じで休眠しています。

中にある芽を保護しているはずなので、このまま置いておきます。

 

実は、葉を切った時の葉柄と複葉部分はいまだ捨てておらず、

こちら複葉。寒さで傷んでいますね。

熱帯植物ですから、寒い屋外に置くとこのようになります。

 

一方、葉柄部分↓

こちらは青々としていて驚きます。

雨の当たらない屋外に1か月半置いてあるのですが、

すごいですね。枯れない!

この葉柄は時が止まったままなのかな。

 

ショクダイオオコンニャクも休眠したので、

ブログも少しお休みさせていただきます。

またショクダイオオコンニャクに変化がありましたら、

再開しますので、その時はよろしくお願いします。

 

本年もデンパークとショクダイオオコンニャクを応援していただき、

ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

 

【育成状況】2019年12月中旬

  • 2019.12.20 Friday

こんにちは。

今年も残すところ10日ほどとなりましたが、

毎日晩秋のような気候で、

本当に冬はやってきているのか…不安です。

 

本日は育成状況。

大イモ株の切った葉柄の黄変はその後、

みるみる進行して、

12/20現在、腐り始めて傾き始めています(;^_^A

 

株元

 

切り込みを入れたところ

 

葉柄の肌?シミみたいになってる!!

 

押すと柔らかく、張りもなくなってきました。

休眠ですね。

ショクダイオオコンニャク
(燭台大蒟蒻)
Amorphophallus titanium


インドネシア・スマトラ島原産、サトイモ科の熱帯植物で、スマトラオオコンニャクとも呼ばれ、絶滅危惧種に指定されています。世界で最も大きい花序をつける植物であり、強烈な腐臭を放つことでも有名です。
育成には適した環境と栽培技術が必要で、植物園でさえ開花させることはなかなか難しい植物といわれています。

qrcode

最近の更新

 

アーカイブ

リンク

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM